うさぎメモ

思いつくままに適当に書き綴ってみます。

小型トラックの免許区分「準中型」を新設

現在4輪免許の区分として、普通・中型・大型・けん引・大特があるが、さらに区分が新設されるらしい。

f:id:usagi_2017:20171030165045g:plain

 

f:id:usagi_2017:20171030164715j:plain

 

現行の「普通」と「中型」との間に、新区分「準中型」が追加される。(2015年以降改正予定)

現行法では、普通免許は18才から取得できるが、中型・大型免許は20才以上でないと取得できない。(自衛隊は除く。)
コンビニの配送車など、総重量が5トンを超えるトラック(中型免許以上が必要)を高校新卒者が運転できないため、業界からの要望を受け、18才からでも運転できる新区分を追加するとのこと。

よ~わからんので、以下の様にまとめてみた。

f:id:usagi_2017:20171030164304p:plain

201407_menkyo1.xls、201407_menkyo1.png

 

私は2007年以前に普通免許を取得したので、現在は中型免許(8トン未満限定)となっている。

なので、上表によれば、いわゆる4トントラック(総重量8トン未満)まで運転することが可能である。

2007年以降に普通免許を取得した人は、いわゆる2トントラックまで運転できる。だが、コンビニ配送車などは積載量は2トンくらいであるが、保冷仕様であるため総重量が5トンを超えて、現行の普通免許では運転できない。

なので、総重量7.5トン未満まで運転できる「準中型」免許を18才から取得できるようにして、このコンビニ配送車を運転可能にするそうだ。

また、新「普通」免許で運転できる範囲は、総重量5トン未満→3.5トン未満に引き下げられる。
2015年以降に普通免許を取得した人は、いわゆる1.5トントラックまでしか運転できなくなる。
(こういう所が警察庁もやらしい。一見、規制緩和と見せかけて、しれっと厳しくしている。)

だが、高校新卒者といった18才以上20才未満で、かつコンビニ配送車を運転したい人の数はそれほど多いのだろうか?

どうも別の意図があるように思えてならない・・・

2015年以降、「準中型」免許が新設されれば、私のような旧普通免許保有者は「中型免許(8トン未満限定)」→「小型免許」に置き換わるのかな~と一瞬思ってしまったが、「準中型」免許の範囲は総重量8トン未満ではなく7.5トン未満である。

なんで、旧普通免許区分に合わせて「準中型」免許を8トン未満にしないのだろうか?

恐らく、新設される「準中型」免許で、いわゆる4トントラック(総重量7.5トン以上8トン未満)を運転させたくないという警察庁の方針が反映されているのだろう。

こういう所で運送業界と警察庁とのしょ~もない駆け引きが展開されているようである。

EU指令に合わせるのが本当の狙いみたい。だったらそう報道すべきだと思う。

f:id:usagi_2017:20171030164655j:plain

従って、2015年以降法改正されても、私の免許証は「中型免許(8トン未満限定)」のままである。

 

・準中型免許が増えると免許証はどう変わるのか?その考え方を解説 | にわかイズム、2016.7.14

f:id:usagi_2017:20171103000924p:plain

https://niwaka-ism.com/juntyuugata-menkyo

https://archive.is/sCpYa

 

【おしまい】2014.07.11追加~2015.02.21更新