うさぎメモ

思いつくままに適当に書き綴ってみます。

「特別教育」のこと

 労働安全衛生法による「特別教育」について、書いてみます。

全部で55種類ある。(2014.12.01現在)
全部で61種類ある。(2019.01.15現在)

 

特別教育の現状  

労働安全衛生法による「技能講習」は外部機関が実施する場合が多く、無資格者が就業して万一事故でも発生すると、作業者はもちろんのこと、雇用する事業者も罰せられます

ですが、「特別教育」は事業者に教育を任せている以上、そこまで厳密にやっていないような気がします。

実際には「十分な知識及び技能を有していると認められる労働者」は特別教育を省略できるそうです。
※労働安全衛生規則 第37条(特別教育の科目の省略)

f:id:usagi_2017:20180215084832j:plain

 

▼「特別教育」は“資格”なのか!?|「安全くん」ネット
http://www.anzenkun.nishio-rent.co.jp/anzen/220.html
https://archive.is/r7iyh

f:id:usagi_2017:20180215081913j:plain
※現場で役立つ 溶接の知識と技術 20120325 p30

 

上記のように、いわゆる「逃げ」があるので、実際の現場では適当に運用されている可能性もあります。

例え「特別教育」を省略しても、事業者はその旨を記録しておく必要があります。

▼労働安全衛生規則第38条「特別教育の記録の保存」
事業者は、特別教育を行なつたときは、当該特別教育の受講者、科目等の記録を作成して、これを3年間保存しておかなければならない。

 

「技能講習」と違って、「特別教育」の記録は事業者ごとに保存されるので、転職などで職場が変わった場合は、再度「特別教育」が必要な場合もあるようです。

 

 

その他ニュースとか  

 

 

【特別教育】 いい加減な国家資格 | ケンベロンのきまぐれ AOSUKE & おとぼけ GUZUTA 2018-01-13
https://ameblo.jp/1904nichiro1905/entry-12344040637.html
ブログ主は特別教育のいい加減さに抗議されています。
私も、技能講習が設定されていない運転技能は技能講習にすべきだと思います。

 

特別教育に係る科目の省略範囲の明確化について|基発第180号 平成9年3月21日
http://www.etamari.com/data/anzen/kanri/syouryaku.pdf
これでも無いよりはマシですが、全ての特別教育を網羅すべきだと思います。

 

 

「低圧電気取扱業務特別教育」のこと  

私は以前、会社で「低圧電気取扱業務特別教育」を受講しました。

f:id:usagi_2017:20180215090429p:plain※電気工事が一番わかる 20141105 p1716/2027(84%)

 

この「低圧電気取扱業務特別教育」は労働安全衛生法の規定により定められているので、例えば「電気工事士」といった他省庁(経済産業省)管轄の資格を取得していても、別途この特別教育が必要だそうです。

 

電気工事士の資格を持っていますが受講しないといけないのですか?
よくあるご質問・回答【低圧電気取扱業務特別教育】|(社) 安全衛生マネジメント協会
https://www.aemk.or.jp/faq/faq04.html
https://archive.is/7w1VF
労働安全衛生法に定める特別教育は作業者(労働者)の安全と健康の確保を企図しておりますので、電気工事の品質確保を企図した電気工事士法とは目的が異なっています。

 

「縦割り行政」のような気がしますね…

 

 【おしまい】2015.02.18~